スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マゴロク・E・ソード

マゴロク
八等分蛇腹から。実質十六等分くらい。
どっちかっていうとスパロボの方で出ている兵器だそうな。リボルテックなんかでついているのを見かけて折ってみた作品である。
重要なポイントは柄と刃が一直線に並んでいないことを再現すること。その点、今回の刀はうまくずれつつ、インサイドアウトで刃と柄を区別できるようになった。
欠点は反りがないこと。反りを折り紙でどう作るかは今後の課題である。
スポンサーサイト

エヴァ零号機頭部

エヴァ零号機頭部
初号機に比べると試作数が寂しい零号機頭部。八等分蛇腹あやめから。
構造はモノアイ(用紙中央)を上下の枝(それぞれ頂点二つ)で挟んだ感じ。
これは資料と比べるとコレジャナイ感が半端ないのでできれば作り直したい・・・
モノアイといえば有名なのはシャアザクとかですが、頭部ならこの作品をいじっても似たようなのはできます。
ただし目とそれ以外でインサイドアウトができていないので、それっぽくは見えないかも。

エヴァ初号機頭部

エヴァ初号機頭部
所謂四鶴(鶴の基本形が四つくっついた基礎形)からできている。
四つの頂点がそれぞれ角、両目と上顎、下顎を作っていて、また、小さいつの(鶴の折りの基礎同士の間にできる枝のこと)はすべて歯になっている。この口は開くことが可能で、暴走状態も表現ができる。
この作品のテーマはずばりインサイドアウト。頭だけでもインサイドアウトができていると、より初号機っぽく見えると思う。
初号機の胴体に次いで最も多く試作しているパーツであるので、一応パーツとしてのクオリティはピカイチと思っているが、実際問題くっつけた時の頭部と頭部単体でのディスプレイでは大きく見栄えが違う気が…
欠点は歯が少ない(割とどうでもいい問題ではある。)、下唇(?)が出ている、口が開いているときの方がかっこいい、など。

エヴァ共通脚パーツ

エヴァ初号機脚
八等分蛇腹から。ヒトの脚に比べるとすでに靴っぽいものを履いていたり足首に装甲があったりと、足先に向かってふくらむような見た目をしている。
腿との接続は腕と同様、二つの枝で挟むようにしており、完成時のデフォルメポーズを曲げたり伸ばしたり少し変化できるようになっている。
この写真だと見えづらいが、ひざの突出した装甲も作ってある。
原作だと何かに使われていたっけ?個人的にはひざに格納されたナイフを投擲するとかかっこいいなぁ・・・と思ったり。

エヴァ共通腕パーツ

エヴァ初号機腕
十六等分蛇腹から。すごく単純な構造をしているが、指と甲の境でいったん段折りしているので指の可動に甲があまり干渉されないようになっている。
蛇腹で腕を折ると避けられないのが腕が寸胴化してしまうことである。その点今回の造形は、二の腕の部分を二つの枝に分けて、曲げやすく、よりヒトの腕っぽい形になった。考えてみれば実際のヒトの腕もこんな構造であるのでなるほどよくなじむはずだと納得してしまった。
欠点としては腕の大きさに対して手がやや大きく、厚みが乗っていること(複雑な構造にすれば厚みはその部分周辺に集まるので仕方がないといえばそうなるが・・・もういっそ腕と手を分けるべきだろうか。)、正面(画像左方向)から見ると寸胴になっていることである。
人物造形を折るにあたって腕は顔に次ぐ難関だと思う。構造を複雑にしようとすると下手をすれば胴よりも厚くなってしまうかもしれない一方、指や肘の骨のような造形をちゃんとしないと、ヒトっぽく見えなくなってしまう。
プロフィール

モニョニョofORUXE

Author:モニョニョofORUXE
とある折り紙サークルに所属しているものです。
専ら創作折紙を作っています。
ジャンルは特にこだわっていませんがメカニックを作ることが多いです。
ゆっくりしていってね

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。